雌阿寒岳山頂で見る雲海と日の出

投稿日:2017年9月25日 更新日:

北海道大雪山では初冠雪が近い季節ですが、防寒さえしていればまだまだナイトハイクも御来光登山もできます。
9月24日早朝3時、満天の星を見ながら雌阿寒岳山頂の日の出を目指して登山開始。


六合目過ぎ、正面にうっすらと北斗七星が見える。


九合目から見る火口。


山頂手前で日の出を迎える。


中マチネシリ火口の向こうには雲海に浮かぶ雄阿寒岳。奥には斜里岳、知床連山も見えている。


雌阿寒岳山頂。


阿寒富士も雲海に沈んでいる。


風が強く体温が奪われていくけど、太陽があたると暖かい。


青沼も目覚める。


ビーナスベルトの中には大雪山の山並み。


いつまでも眺めていたい景色。


雲海に雌阿寒岳の山影が、もしかして現れるかも。


現れた!ブロッケン。


むかし登山者の中ではブロッケン現象を見た者は翌日に死ぬという迷信があったそうです。
2日過ぎてまだ生きてます。

使用カメラ Nikon D850 使用レンズ AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED

336

336

-
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

凍りつく危険な斜里岳に登る

阿寒と知床連山の中間にそびえる斜里岳は、日本百名山のひとつで登山も盛んな山です。 登山ルートでもっともポピュラーなのが清里町側からの清岳荘を通るルートです。独立峰的な山なので、遠くからでも斜里岳の美し …

北海道から後立山連峰へ遠征登山Vol.1 唐松岳登山編

北海道の山は全国の登山者からはいつか訪れてみたい憧れの山だと聞きます。大雪山、知床連山、阿寒の山々全て自宅から2時間以内で行けます。らくらく日帰り登山できます。そんな人間はもちろん北アルプスが憧れの山 …

北海道から後立山連峰へ遠征登山Vol.3 下山編

登山三日目の朝もいい天気です。朝の5時前にもかかわらず山荘の前にはたくさんの人がいます。今日はとうとう最終日、ゆっくりと名残惜しく景色を楽しみながらの下山です。 以前の記事はこちらから↓   …

残雪の大雪山黒岳

ゴールデンウィーク真っ只中、5月2日に残雪の大雪山黒岳へ行ってきました。残雪と言っても黒岳スキー場はGWまで営業していますので、たっぷりの積雪があります。 登山口はスキー場リフトの終点、黒岳七合目から …

雪山へ向けて仁頃山で足慣らし

雪山シーズンへ向けて北見市仁頃山へ足慣らしに。しかし積雪量が少なく本格的な雪山の感覚をトレーニングするのはまだ先のようです。管理車道コースは標高差約650m、往復6.8km、ゆっくり登って下りて1時間 …

ラージ

山と星とカメラ

山と星とカメラ
山に登ったり。星を撮ったり。

アーカイブ

サイト内検索