天体観測手帳2018

投稿日:2018年4月11日 更新日:

北海道はまだまだ雪山。山頂での星景撮影に向けて夏のテン泊登山の計画を妄想中です。そんな時に見つけたのが「天体観測手帳2018」天体に関する情報満載の手帳です。昔からある有名な「天文手帳」は少し地味なので買ったことは無かったけど、この「天文観測手帳」は即買でした。文庫本サイズなのでカバンやザックに入れても邪魔にならず撮影時も携帯しています。

毎月&毎週の星空イラストと天文イベントを非常に美しいカラーイラストと写真で楽しめる、いままでにない「天体観測」のための手帳です。もちろん2018年の天文データも満載です。カレンダーは2年、月間、週間を用意。手帳としてもしっかり活躍します。天文ファンはもちろん、星や宇宙に関心のあるみなさんが1年楽しめる、情報満載のおすすめの手帳です。(amazon紹介文より)


土曜日の星図が毎週掲載されています。カラフルな星図は眺めるだけでも楽しい。


週毎の天体イベントも詳しく紹介されています。


木星・土星の衛星運行図。


毎月のはじめには月間の星図と天文現象。


手帳なので毎日の予定も書き込めます。


週カレンダーには日出日没・月出月没・惑星の出没を掲載。


しおり紐つきがうれしい。

技術評論社の「天文観測手帳」は2016年から発行されているようです。見ているだけで楽しい星好きにはたまらない手帳です。

336

336

-
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

美幌峠で満天の星空と天の川を撮る

3月に入ると夜明け前に天の川の濃い部分、さそり座付近が起き上がってきます。空が広く撮影できる美幌峠展望台に行ってきました。 3月はまだ残雪があります。暗い階段で転倒しないように注意して下さい。転倒して …

藻琴山ナイトハイクで星景写真

10月にしては気温も高く無風。ナイトハイクで星景写真を撮りに行ってみたかったので決行。虫もいないので快適に撮影ができた。 もう一つの目的はニコンの20mmレンズは星景写真ではどんな写りをするかを見てみ …

月明かりのタウシュベツ川橋梁

北海道上士幌町の糠平湖にはコンクリート製のアーチ橋がある。昭和30年まで旧国鉄士幌線で使用されていたタウシュベツ川橋梁。糠平湖の水位が変化するため、完全に水没したり橋梁全体が現れる時期もある。 冬期間 …

雌阿寒岳ナイトハイク

6月30日プレミアムな月末金曜日は仕事を終えてから雌阿寒岳ナイトハイクへ行ってきました。 共通の趣味を楽しんでいる休日の合わない友人を、ナイトハイクなら大丈夫と言われていたので誘い出し、恐怖のソロ登山 …

流氷と星を求めて知床へ

毎年冬になるとオホーツク海沿岸に流氷がやってきます。1月末から3月上旬まで見ることが出来ますが、風向きで接岸したり沖に流されたりを繰り返します。流氷観光船が出ている網走よりも知床半島のほうが比較的接岸 …

ラージ

山と星とカメラ

山と星とカメラ
山に登ったり。星を撮ったり。

アーカイブ

サイト内検索