美幌峠で春の星空撮影

投稿日:2018年4月18日 更新日:

夜はまだ0℃近い北海道ですが、SCW予報では雲ひとつない夜空が期待できたので、新月の夜にNikon D850タイムラプスの撮影テストで美幌峠へ。


D850+AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED ISO感度3200 絞り値F1.8 WB3700K シャッタースピード13秒 撮影枚数394枚


理想の場所は展望台の頂上だけど風が強かったので、少し下った位置から撮影。ただしこの場所は時々車のヘッドライトが直接当たり画像にも悪影響が出る。


帰宅後PCに画像を取り込んで痛恨のミスに気づく。D850の画像記録が何故かJPG設定に…モヤッとした眠たい画像。タイムラプスに使ったレンズはAF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED。このレンズのピント調節がなかなか上手くいかない。まだまだ追い込んだほうがいいですね。次回はしっかりRAW画像で再チャレンジです。
D850がタイムラプス撮影中の約2時間、D800で天の川を撮影したり、車に戻り暖を取って過ごす。


D800+AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G ISO3200 F1.8 10秒×5枚コンポジット。
4月に入ってさらに姿を現してきた天の川の核心部分を50mmで切り取る。左下に火星と土星、右側にはアンタレスが黄色く輝く。


D800+AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G ISO3200 F1.8 10秒×3枚コンポジット。
さそり座の背中、黄色のアンタレスが目立っている。


D800+AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G ISO3200 F1.8 10秒×5枚コンポジット。
中央付近に赤色のわし星雲があるけど、技術力不足で上手く撮れない。


D800+AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G ISO3200 F1.8 10秒×3枚コンポジット。
天頂のはくちょう座。左に夏の大三角形のひとつデネブ。


D800+AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G ISO3200 F1.8 10秒×5枚コンポジット。
天の川の近くで輝く土星。


D800+AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G ISO3200 F1.8 10秒×3枚コンポジット。
ひときわ明るい木星。夜明け近く空が明るくなってきても輝いている。


東の空が明るくなり星が消えていく、ここで撮影終了。

現地滞在は深夜1時半から3時半までの2時間程度でタイムラプス動画はたったの20秒。山の上でテントを張りもっと時間をかけて撮りたい。
タイムラプスの編集は無料ソフト、動画編集はiMovieを使用。Adobe Premiereなどのちゃんとした動画編集ソフトを使えばもっとキレイに仕上がるのかな。

336

336

-
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

天体観測手帳2018

北海道はまだまだ雪山。山頂での星景撮影に向けて夏のテン泊登山の計画を妄想中です。そんな時に見つけたのが「天体観測手帳2018」天体に関する情報満載の手帳です。昔からある有名な「天文手帳」は少し地味なの …

七夕はチミケップ湖で天の川を撮る

七夕の夜、星空指数は高得点。PM2.5も問題なし。光害が比較的少なくて星のきれいな場所、チミケップ湖キャンプ場へ行ってきました。 キャンプ場なのでテント泊の方もいます。テントの明かりやテント本体も一緒 …

藻琴山ナイトハイクで星景写真

10月にしては気温も高く無風。ナイトハイクで星景写真を撮りに行ってみたかったので決行。虫もいないので快適に撮影ができた。 もう一つの目的はニコンの20mmレンズは星景写真ではどんな写りをするかを見てみ …

月明かりのタウシュベツ川橋梁

北海道上士幌町の糠平湖にはコンクリート製のアーチ橋がある。昭和30年まで旧国鉄士幌線で使用されていたタウシュベツ川橋梁。糠平湖の水位が変化するため、完全に水没したり橋梁全体が現れる時期もある。 冬期間 …

雌阿寒岳ナイトハイク

6月30日プレミアムな月末金曜日は仕事を終えてから雌阿寒岳ナイトハイクへ行ってきました。 共通の趣味を楽しんでいる休日の合わない友人を、ナイトハイクなら大丈夫と言われていたので誘い出し、恐怖のソロ登山 …

ラージ

山と星とカメラ

山と星とカメラ
山に登ったり。星を撮ったり。

アーカイブ

サイト内検索