北海道から八ヶ岳へ遠征登山Vol.2 星と赤岳

投稿日:2017年8月18日 更新日:


日が沈んでから雨も上がり山小屋もテント場も静かになった。雲もなく赤岳がはっきりと見えている。今夜はペルセウス流星群の極大日、流れ星を期待しながら待ちます。
前回の記事はこちら↓


カメラの設定をしながらテスト撮影していたら頭上に大きな流星が流れた。みんな歓声をあげていた。この夜いちばんの流星だった。


山小屋は東側。ちょうど小屋の上に大同心、小同心が見えている。


時間とともに天の川がはっきりと確認できるようになる。中央が赤岳、右が中岳。左側の稜線には赤岳展望荘の明かりが見える。


テン場もひっそりとしていた。


ソフトフィルター PRO1Dプロソフトン A W 装着。


雲が出てきて外にいた人達も山小屋へ入っていった。


赤岳のシルエット。こんな星空をずっと妄想していたので感激です。


空一面に雲が広がり夜中にはまた雨が降っていた。


夜明け前、雨は止んで天気が回復している。


山は午後から天気が崩れる傾向にあるので早めに出発しよう。


阿弥陀岳に朝陽があたってモルゲンロート。


朝食ももちろんおかわりして出発の準備をします。


快適に過ごした行者小屋を後に赤岳へ向けて出発。


赤岳へは地蔵尾根か文三郎尾根の2つのルートがあります。反時計回りに縦走するので文三郎尾根から赤岳を目指します。


登山道に入るとすぐに急登の階段が始まる。


木の階段だったり鉄製の階段だったり、しっかり整備されているので歩きやすい。急登の階段なので短時間でグングンと標高を上げているのがわかる。


振り返ると行者小屋があんなに小さく見える。


赤岳から横岳に続く稜線。雲が巻き付いた幻想的な風景に見とれた。


この先に中岳、阿弥陀岳へ向かう分岐がある。


よく見ると階段にMAMMUTのマークがあった。


分岐地点。下からガスが湧いてきている。


左側の岩稜地帯が赤岳へのルート。楽しい岩登りの始まり。


頂上はあと少しガンバル。


鎖やハシゴがありますが難易度はそれほど高くない。三点支持で慎重に進めば問題なくクリアできます。ただし滑落したら大怪我かそれ以上なので気を付けてください。


この時間帯は赤岳から下山してくる人とすれ違うので渋滞する場合もあります。


最後の登り、足場もしっかりしているのでグイグイと登れます。


赤岳2899m山頂到着。雲の中なので展望は無し。晴れていれば遠く北アルプスや南アルプス、富士山も見えるはずだけど贅沢は言いません。ほぼ無風で雨に当たらない楽しい山歩きです。


一瞬の晴れ間から下界が見えた。


次から次へと登山者がやって来ます。山頂標識は撮影待ちの状態で賑やかでした。


赤岳頂上山荘は山頂のすぐ横にある。


この先に見える赤岳展望荘まで一気に下る。


山頂を振り返るとなかなかの急登。


赤岳展望荘に着いた。晴れていれば最高の展望だろうな。


赤岳展望荘の料金表。


山荘内の食堂。


ここでコーヒー飲んでゆっくりと休憩した。


地蔵仏が祀られている地蔵の頭。


さらに稜線を進む。


横岳までは7つのピークを越えるらしい。


クサリやハシゴが数ヶ所あるけどそれほど難易度は高くないので楽しめる岩場です。


かなり序盤で何個目かのピークかわからなくなる。


細かい上り下りを繰り返す。


横岳山頂からの景色。遠くに行者小屋、右の岩が大同心と小同心か?


下りもクサリとハシゴがあります。


コマクサの大群生を見ながら。


硫黄岳山荘に到着。この時点で午後1時。9km先の美濃戸まで一気に下山して4時20分のバスに間に合うか。もう1泊して星空を見て、明日ゆっくり下山するか。一瞬悩んだけどすぐに答えは出ました。

336

336

-,
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

北海道から後立山連峰へ遠征登山Vol.2 五竜岳登山編

今日は唐松岳頂上山荘から五竜岳へ。朝食前にご来光を見に山荘裏の山に登ってみる。今日も晴れそうです。 北海道を出発して唐松岳登頂までの記事はこちら↓  山と星とカメラ 北海道から後立 …

藻琴山ナイトハイクで星景写真

10月にしては気温も高く無風。ナイトハイクで星景写真を撮りに行ってみたかったので決行。虫もいないので快適に撮影ができた。 もう一つの目的はニコンの20mmレンズは星景写真ではどんな写りをするかを見てみ …

雌阿寒岳ナイトハイク

6月30日プレミアムな月末金曜日は仕事を終えてから雌阿寒岳ナイトハイクへ行ってきました。 共通の趣味を楽しんでいる休日の合わない友人を、ナイトハイクなら大丈夫と言われていたので誘い出し、恐怖のソロ登山 …

雪山へ向けて仁頃山で足慣らし

雪山シーズンへ向けて北見市仁頃山へ足慣らしに。しかし積雪量が少なく本格的な雪山の感覚をトレーニングするのはまだ先のようです。管理車道コースは標高差約650m、往復6.8km、ゆっくり登って下りて1時間 …

凍りつく危険な斜里岳に登る

阿寒と知床連山の中間にそびえる斜里岳は、日本百名山のひとつで登山も盛んな山です。 登山ルートでもっともポピュラーなのが清里町側からの清岳荘を通るルートです。独立峰的な山なので、遠くからでも斜里岳の美し …

ラージ

山と星とカメラ

山と星とカメラ
山に登ったり。星を撮ったり。

アーカイブ

サイト内検索