冬支度の雌阿寒岳に登る

投稿日:2016年10月11日 更新日:

自宅から1時間半で行ける百名山雌阿寒岳。季節ごとに年4回は登っているホームマウンテンです。天気も良かったので野中温泉コースをピストンで朝早く登ってきました。
登山口は野中温泉のすぐ手前にあります。


三合目までは樹林帯の中を進む。


アカエゾマツの森が続きます。


四合目まで来ると展望が開けてくる。


快晴ですね。オンネトーも輝いています。


植物に霜が降りていました。


雌阿寒岳は活火山です。火山活動の影響で度々入山規制もされるので確認してから登山計画を立てて下さい。


オンネトー湖の周辺は紅葉のピークを過ぎたかな。写真を撮っていると何か視線を感じる。


やっぱり。岩の上からジーっとこっちを見てるキタキツネがいた。


九合目では小さいエビの尻尾が。


九合目から見える雌阿寒岳火口と赤沼。


最後の急登を上ります。


雄阿寒岳と阿寒湖も見えました。


ガレ場が続きます。


頂上までもう少し。


岩に吹き付ける風が凍りついて芸術的ですね。


ロープも氷で覆われている。


頂上が見えた。


頂上から見る阿寒湖側の火口。


火口底の青沼とその向こうに阿寒富士。


山頂でゆでたまごを食べる。


山頂は風が強いので七合目カフェ。一杯分の挽きたてコーヒーを楽しむ贅沢な時間。ポーレックスのコーヒーミルはコンパクトでザックに入れても場所をとらない。ユニフレームのコーヒーバネットと一緒に持ち歩いてます。


景色を楽しみながらゆっくりと下山しました。


下山後にオンネトー湖畔から

336

336

-
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

紅葉に染まる大雪山緑岳

大雪山の紅葉シーズンは9月の上旬から始まり、標高を下げながら山々を染めていきます。大雪山の紅葉の見どころとして有名なのは、銀泉台を登山口とする赤岳か、ここ大雪高原山荘が登山口の緑岳です。 紅葉シーズン …

北海道から八ヶ岳へ遠征登山Vol.1 行者小屋へ

山の日 8月11日、毎年恒例の北海道から遠征登山、今回は八ヶ岳へ行ってきました。 変則的な動きを見せていた台風5号は温帯低気圧に変わり一応は安心。ただ全国的に天気はよくない、長野県には前線があり不安定 …

雪山へ向けて仁頃山で足慣らし

雪山シーズンへ向けて北見市仁頃山へ足慣らしに。しかし積雪量が少なく本格的な雪山の感覚をトレーニングするのはまだ先のようです。管理車道コースは標高差約650m、往復6.8km、ゆっくり登って下りて1時間 …

北海道から後立山連峰へ遠征登山Vol.1 唐松岳登山編

北海道の山は全国の登山者からはいつか訪れてみたい憧れの山だと聞きます。大雪山、知床連山、阿寒の山々全て自宅から2時間以内で行けます。らくらく日帰り登山できます。そんな人間はもちろん北アルプスが憧れの山 …

羅臼岳から北方領土を望む

6月10日、残雪期の羅臼岳に登ってきました。知床国立公園・世界自然遺産の知床半島にある羅臼岳は、知床連山の最高峰で標高1,661m。頂上からは知床半島とその両側に広がるオホーツク海と太平洋を見降ろせま …

ラージ

山と星とカメラ

山と星とカメラ
山に登ったり。星を撮ったり。

アーカイブ

サイト内検索