陸別町銀河の森天文台で星空撮影

1月4日未明はしぶんぎ座流星群の極大。夜明け前に流星のピークを迎える。陸別町方面の条件が良さそうなので、銀河の森天文台へ向かう。午後8時から12時まで長秒露光で星をグルグル回しながら撮影。肉眼では流星を確認できましたが、残念ながら流星群の姿をフレームに捉えることは出来ませんでした。

陸別町は、環境庁より「星空の街」に選定され、「星空にやさしい街10選」にも認定されています。

D800+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G SS:5min×2枚比較明合成 ISO:200 f2.2 WB:3570

オリオンと天の川。D800+AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G SS:5min ISO:200 f2 WB:3570

天文台と北の空。D800+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G SS:5min×2枚比較明合成 ISO:160 f2.2 WB:3570

オリオンと天の川。D800+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G SS:5min ISO:160 f2.2 WB:3570

天文台と北の空。D800+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G SS:5min×2枚比較明合成 ISO:160 f2.2 WB:3570

D800+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G SS:5min×2枚比較明合成 ISO:160 f2.2 WB:3570

D850+AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED SS:5min×6枚比較明合成 ISO:320 f3.2 WB:3570 +0.3段

D850+AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED SS:5min×6枚比較明合成 ISO:320 f3.2 WB:3570 +0.3段

流星群は極大の時間帯を狙って、しっかりと撮影スケジュールをたてよう。数時間の違いで流星の量が激減します。次回、こと座流星群は4月23日未明だけど、満月過ぎの明るい月明かりで条件は良くない。流星の出現は1時間に3〜4個程度で今年は期待できないようです。