GW恒例の雌阿寒岳

投稿日:2017年5月16日 更新日:

ゴールデンウィーク登山の第二弾は、毎年恒例の雌阿寒岳をサクッと登ってきた。
5月4日北海道では珍しく下界は28℃の真夏日。おかげさまで山の上は寒くもなく暑くもなく快適でした。
雌阿寒岳は年に数回は登るので、ほぼトレーニング状態です。シーズン初めの体調チェックにもなります。
この日の空気はかなり澄んでいて、今まで登った中でもトップクラス。遠く大雪山や日高の山並みまでハッキリと確認できました。


野中温泉コースのピストン。スタート直後のアカエゾマツの樹林帯には残雪が少しありました。


立派な岩からアカエゾマツが生えている。かなり芸術性の高い盆栽だと思う。


登山道は根っこだらけ。濡れている根っこに足を乗せると滑って痛い目に遭うので気を付けて!


三合目を過ぎるとハイマツ帯。視界が開け雌阿寒岳が見えた。


振り返ると大雪山の山並み。中央付近に見えるのはトムラウシ山ですね。


積雪期だけの大沢ルートを登っているトレースもあるけど夏道を進む。


360度の景色を楽しみながらガレ場を登る。


日高の山並みも確認できた。


ハイマツの下をくぐったり、またいだり、いろんな恥ずかしい格好をさせられる。


登山道には残雪がまだあるけどツボ足で大丈夫。


オンネトーが見えた。湖岸には少し雪が残っている。


藻琴山も見える。藻琴山の麓には屈斜路湖があります。


八合目を過ぎて残雪の急登。


ここもツボ足で登れます。


斜度はあるけど滑落するほどではないので安心です。


九合目が近づくと雪はほとんど無くなる。


登山口の駐車場があんなに小さく見えた。


大きな岩の塊が至る所にあるので見応えがあり、活火山を実感できる。


雌阿寒岳は九合目からがクライマックス。


九合目を過ぎてすぐ、眼下に迫力の火口が現れる。奥にある黒い山は阿寒富士。


火口湖の赤沼。いまは緑色。


さらに登ると阿寒湖と雄阿寒岳。奥には斜里岳と知床連山。


山頂から見下ろす東側の火口はとにかく広い。


山頂からさらに進むと阿寒富士と青沼。


この日の青沼は目玉焼き。


頂上は風が強いので斜面で休憩する。この日は外国人(欧米人)登山者が多かった。So beautiful!って言われたからYeah!って答えたけど会話は成り立ってたのかな。


ガレ場を慎重に下山開始。


オンネトーを眺めながら。


ふたたびアカエゾマツの樹林帯へ。


標高を下げるとムッとするほどの熱気が。


野中温泉から流れ出る温泉で辺りは硫黄臭がスゴい。


雌阿寒岳の上に月が出てた。


下山後はもちろん野中温泉。帰りに砂ぼこりだらけのかわいいチャーが見送りしてくれた。

336

336

-
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

北海道から後立山連峰へ遠征登山Vol.3 下山編

登山三日目の朝もいい天気です。朝の5時前にもかかわらず山荘の前にはたくさんの人がいます。今日はとうとう最終日、ゆっくりと名残惜しく景色を楽しみながらの下山です。 以前の記事はこちらから↓   …

紅葉に染まる大雪山緑岳

大雪山の紅葉シーズンは9月の上旬から始まり、標高を下げながら山々を染めていきます。大雪山の紅葉の見どころとして有名なのは、銀泉台を登山口とする赤岳か、ここ大雪高原山荘が登山口の緑岳です。 紅葉シーズン …

羅臼岳から北方領土を望む

6月10日、残雪期の羅臼岳に登ってきました。知床国立公園・世界自然遺産の知床半島にある羅臼岳は、知床連山の最高峰で標高1,661m。頂上からは知床半島とその両側に広がるオホーツク海と太平洋を見降ろせま …

北海道から八ヶ岳へ遠征登山Vol.1 行者小屋へ

山の日 8月11日、毎年恒例の北海道から遠征登山、今回は八ヶ岳へ行ってきました。 変則的な動きを見せていた台風5号は温帯低気圧に変わり一応は安心。ただ全国的に天気はよくない、長野県には前線があり不安定 …

白雲岳から見るゼブラ雪渓

大雪山系白雲岳は標高2,230m。旭岳、北鎮岳に続く北海道で標高第3位の山。その頂上から旭岳方面を見ると雪渓がゼブラ模様になります。夏山シーズンが始まるこの時期にしか見られないゼブラを求めて多くの登山 …

ラージ

山と星とカメラ

山と星とカメラ
山に登ったり。星を撮ったり。

アーカイブ

サイト内検索