白雲岳から見るゼブラ雪渓

投稿日:2017年7月10日 更新日:

大雪山系白雲岳は標高2,230m。旭岳、北鎮岳に続く北海道で標高第3位の山。その頂上から旭岳方面を見ると雪渓がゼブラ模様になります。夏山シーズンが始まるこの時期にしか見られないゼブラを求めて多くの登山者が白雲岳に訪れます。


白雲岳登山は様々なアクセス方法があります。赤岳や緑岳を経由するルートが一般的ですが、縦走路があるので旭岳や黒岳からもアクセスできます。今回は銀泉台をスタートして赤岳経由で白雲岳を目指す往復13km、累積標高差940mのルートです。


銀泉台までは10km以上林道を走ります。登山届を書いてスタート。


登山道の左にトイレがあります。この先の山中にはトイレはありません。出発前に済ませましょう。携帯トイレブースもないので下山まで我慢するかそれ以外の方法で…


車が一台通れそうな林道を歩きます。


これが本当の登山口。


突然コンクリートの立派な壁が現れます。ここは大雪山を横断する観光道路の建設計画がありました。昭和40年台に計画は中止になりましたが、完成していたら白雲岳周辺が立山室堂みたくなっていたのか?


あの雪渓をトラバースします。


雪渓スタート。


ザクザクの雪なのでアイゼンは必要ありません。


遠くに武利岳が見える。


雪解け水で登山道は川のようです。


コマクサ平に到着。


その名の通りコマクサが群生している。


気持ちのいい登山道を進む。遠くに見えているあの雪渓をつないで登っていきます。


女王様コマクサ


今が一番見頃ですね。


赤岳まであと少し。


正面に見えているのは緑岳。


この雪渓はほぼ直登です。


登山道脇に咲くチングルマ?ハクサンイチゲ?


紫はエゾコザクラ。


最後の雪渓を登ると頂上への稜線へ出るはず。


頂上が見えました。奥に北鎮岳も見えています。


赤岳頂上。


赤岳を通過して白雲岳へ向かいます。


左が目的の白雲岳、中央に見えているのが旭岳。


ここからはゆるやかな縦走路が続きます。


両側に高山植物が咲いているのでなかなか進まない。


ツガザクラも元気に咲いています。


トムラウシ山も見えてきました。


縦走路の交差点に到着。


大きなザックをデポして白雲岳に行ってる人もいました。


赤飯で腹ごしらえ。


エゾオヤマノエンドウ。


白雲岳までの登山道は両サイドが花畑。


ハクサンイチゲの向こうは御鉢平方面。


白雲岳頂上が見えた。夏ルートが雪渓の下なのでトラバースします。


白雲岳山頂。


ゼブラ雪渓。これが見たかった。


雲ひとつ無い青空。


トムラウシと十勝岳連峰。


下山も花を撮影しながら。


赤岳ピストンなら4時間もかからないので次々と登ってきます。


雪渓を登っていく登山者たち。


アリのように登っていく登山者たち。


登山口に到着。駐車スペースからあふれた車が林道脇に並んでいました。

この日の使用レンズは24mm単焦点1本勝負。

336

336

-
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

羅臼岳から北方領土を望む

6月10日、残雪期の羅臼岳に登ってきました。知床国立公園・世界自然遺産の知床半島にある羅臼岳は、知床連山の最高峰で標高1,661m。頂上からは知床半島とその両側に広がるオホーツク海と太平洋を見降ろせま …

藻琴山ナイトハイクで星景写真

10月にしては気温も高く無風。ナイトハイクで星景写真を撮りに行ってみたかったので決行。虫もいないので快適に撮影ができた。 もう一つの目的はニコンの20mmレンズは星景写真ではどんな写りをするかを見てみ …

残雪の大雪山黒岳

ゴールデンウィーク真っ只中、5月2日に残雪の大雪山黒岳へ行ってきました。残雪と言っても黒岳スキー場はGWまで営業していますので、たっぷりの積雪があります。 登山口はスキー場リフトの終点、黒岳七合目から …

大雪山黒岳のんびりテン泊

天気はあまり良くないけど、来月に控えた北アルプス縦走に向けて重装備トレーニングを兼ねて、黒岳テン泊してきました。 ロープウエイとリフトを乗り継ぎ一気に七合目まで。 ロープウエイ駅の駐車スペースは広いで …

北海道から八ヶ岳へ遠征登山Vol.3 最終話

駆け足で下山しても最終バスに間に合いそうにないし、何よりまだ山に居たいので今日は硫黄岳山荘に宿泊します。 前回の記事はこちら↓  山と星とカメラ 北海道から八ヶ岳へ遠征登山Vol. …

ラージ

山と星とカメラ

山と星とカメラ
山に登ったり。星を撮ったり。

アーカイブ

サイト内検索