雌阿寒岳ホワイトアウト 七合目撤退

投稿日:2018年1月10日 更新日:

1月7日、今年の初登山は雌阿寒岳。気温はマイナス10℃、天気は良さそうなので日の出前の6時過ぎ、薄暗い野中温泉登山口からスタート。

樹林帯の登山道はしっかりと踏み固められているので歩きやすい。この日は全てアイゼンで通したけど、スノーシューの方も結構見かけました。


雪を踏み抜くこともなく順調に進みます。樹林帯の中は風もなく穏やか。


樹林帯を抜けると青空と月。


朝陽に照らされて素晴らしい景色が広がっていた。


しかし、山頂方向は雲が張り付いて風も強そう。
今年は積雪が少なくハイマツが見えている。


エビのシッポも育っている


目指す方向にはガス、強風で流されている。大沢を過ぎたらアイスバーンとクラストの見分けが付かないので時々ズボッとハマる。アイゼンかスノーシューか悩みどころですが安全面を考えるとやっぱりアイゼン。


山頂以外は晴れていて眺めは良いですが現場は強風です。フルフェイスマスク&ゴーグルでも顔面が痛くなってくる。


向こうの山頂(フップシ岳)にもイヤな雲が張り付いている。


凍りついた巨岩の陰で風を避けながら休憩。


フップシ岳を見下ろしている角度だからたぶん七合目標識。


この先は風も強くホワイトアウトの予感。少し進んだけど全く視界がなくなったのでここであっさりと撤退。雌阿寒岳はいつでも来られるので天気のいい時にまた登ろう。


三合目まで下ると山頂が確認できるくらい天候が回復していた。下山時にスライドした方は問題なく山頂まで行けたと思う。


登山口でマイナス10℃だったので、標高を上げるとマイナス15℃はあったと思う。D850は問題なく動作していました。

336

336

-
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

北海道から後立山連峰へ遠征登山Vol.1 唐松岳登山編

北海道の山は全国の登山者からはいつか訪れてみたい憧れの山だと聞きます。大雪山、知床連山、阿寒の山々全て自宅から2時間以内で行けます。らくらく日帰り登山できます。そんな人間はもちろん北アルプスが憧れの山 …

雌阿寒岳山頂で見る雲海と日の出

北海道大雪山では初冠雪が近い季節ですが、防寒さえしていればまだまだナイトハイクも御来光登山もできます。 9月24日早朝3時、満天の星を見ながら雌阿寒岳山頂の日の出を目指して登山開始。 六合目過ぎ、正面 …

北海道から剱岳へ遠征登山Vol.2 室堂から剣山荘へ

室堂駅を出ると立山連峰が目の前に。ここ室堂平は簡単なトレッキングコースもあるのでたくさんの観光客がいました。登山に必要のない荷物をコインロッカーに預けて、しっかりと準備を整えてスタートです。 前回の記 …

北海道から後立山連峰へ遠征登山Vol.3 下山編

登山三日目の朝もいい天気です。朝の5時前にもかかわらず山荘の前にはたくさんの人がいます。今日はとうとう最終日、ゆっくりと名残惜しく景色を楽しみながらの下山です。 以前の記事はこちらから↓   …

紅葉のニセカウ

9月の三連休は台風18号が日本列島を縦断。最終日の月曜日に北海道に上陸予定なので、日曜日に大雪山の北部にあるニセイカウシュッペ山に行ってきました。標高1883m、標準コースタイムは往復約5時間。ニセイ …

ラージ

山と星とカメラ

山と星とカメラ
山に登ったり。星を撮ったり。

アーカイブ

サイト内検索