大雪山黒岳のんびりテン泊

投稿日:2016年7月19日 更新日:

天気はあまり良くないけど、来月に控えた北アルプス縦走に向けて重装備トレーニングを兼ねて、黒岳テン泊してきました。
ロープウエイとリフトを乗り継ぎ一気に七合目まで。


ロープウエイ駅の駐車スペースは広いです。層雲峡温泉の駐車場は屋根付きなので長時間止める場合や車中泊にも利用できます。


七合目は雲の中。登山届けを出しスタートします。


登山道の脇にはナナカマドの白い花。


階段状の道をジグザグに登る。天気が良ければニセイカウシュッペをはじめ北大雪の山並みが見られます。


まねき岩がうっすら見えていました。この辺りも花畑が広がっています。


テント装備なのでゆっくり登って1時間半で頂上に到着。初めて黒岳に登った時は登山初心者だったので、ここから見える大雪山のスケールの大きさに感動した。山の上にこんな景色があるとは想像もしてなかったから。
今日の写真はどんよりしてますが、帰りに晴れたので頂上からの展望は記事の後半に出てきます。


黒岳山頂から石室へ向かう登山道にはたくさんの高山植物が咲いています。今時期はエゾノツガザクラが満開でした。


ピンクの小さい花はミネズオウ。石室手前の岩場では運が良ければナキウサギも見られます。


石室到着。少しだけ天気も回復してきた。


石室の周辺にはチングルマも咲いている。


今日のテン場はたくさんの登山者で賑わっています。


テントを設営したら小腹がすいてきた。


アヒージョ作ってみたり。


御鉢平方面へ散歩したり。


今夜は星は見れそうにないな。


テン場へ戻ったら更にテントが増えている。ここは過去5回ほどテン泊しているけど、ここまで混雑しているのは初めて。トイレの前や石室手前の分岐のある広場までテントがびっしりだった。


メスティンでパスタを茹でながらソースも温める。メスティンはご飯も簡単に炊けるので便利です。


あまり美味しそうな写真じゃないけど…美味しくいただきました。


空が焼けることなく日が暮れていった。星の撮影もできないので早めに就寝。混雑してるわりには皆さんマナーのいい方ばかりでとても静かでした。


夜が明ける前に桂月岳へ登ります。雲海の向こうにはニセイカウシュッペ山が見えている。


桂月岳はテン場から15分程度、御来光を見にたくさんの人が登っている。


向こうは御鉢平方面です。


日が昇りました。


黒岳石室とカラフルなテン場が見えます。奥の尖った山は烏帽子岳。登山道はありません。


今日は最高の天気。夜露で湿ったテントがもう乾き始めている。


天気がいいので朝の散歩。


チングルマも朝から元気。


イワヒゲ。名前はあれだけどかわいい花です。


高山植物の女王コマクサ。


山岳救助のヘリが怪我人を収容していました。


撤収して黒岳山頂へ。石室とテン場を振り返る。右は北鎮岳、中央に御鉢平。この景色が景色がたまらない。


黒岳山頂より。







-
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

紅葉に染まる大雪山緑岳

大雪山の紅葉シーズンは9月の上旬から始まり、標高を下げながら山々を染めていきます。大雪山の紅葉の見どころとして有名なのは、銀泉台を登山口とする赤岳か、ここ大雪高原山荘が登山口の緑岳です。 紅葉シーズン …

厳寒の雌阿寒岳を登る

北海道は冷え込みが厳しい季節。登山口ではマイナス24℃。標高を上げるとさらに気温は下がる。風が強ければ体感温度はどれほど下がるか想像つかない。 雌阿寒岳の登山口は、野中温泉側と国設野営場側の2箇所があ …

冬支度の雌阿寒岳に登る

自宅から1時間半で行ける百名山雌阿寒岳。季節ごとに年4回は登っているホームマウンテンです。天気も良かったので野中温泉コースをピストンで朝早く登ってきました。 登山口は野中温泉のすぐ手前にあります。 山 …

雌阿寒岳ナイトハイク

6月30日プレミアムな月末金曜日は仕事を終えてから雌阿寒岳ナイトハイクへ行ってきました。 共通の趣味を楽しんでいる休日の合わない友人を、ナイトハイクなら大丈夫と言われていたので誘い出し、恐怖のソロ登山 …

GW恒例の雌阿寒岳

ゴールデンウィーク登山の第二弾は、毎年恒例の雌阿寒岳をサクッと登ってきた。 5月4日北海道では珍しく下界は28℃の真夏日。おかげさまで山の上は寒くもなく暑くもなく快適でした。 雌阿寒岳は年に数回は登る …

ラージ

山と星とカメラ

山と星とカメラ
山に登ったり。星を撮ったり。

アーカイブ

サイト内検索