初夏の阿寒富士で絶景とヒカリゴケを楽しむ

投稿日:2018年6月26日 更新日:

不安定な天候が続く北海道。土曜日は暴風予報、日曜日は雨予報、風より雨を選んで日曜日に雌阿寒岳のとなり阿寒富士に行ってきました。


オンネトー野営場の駐車場にある登山口から入山。スタートから雨降りなので、ゆっくり阿寒富士のピストン予定で進みます。往復約8km、標準コースタイムは、登り2時間40分、下り1時間45分。


スタートして直ぐに階段があります。途中で歩幅が合わなくなり横の斜面を歩く。それもキツくなり階段を使う。やっぱり階段はあった方がいいという結論になる。


小雨の登山道にゴゼンタチバナが咲く。


アカエゾマツが群生するオンネトー周辺の森は他の地域とは違う独特の雰囲気。


キノコも出ていました。


最近倒れたんでしょうか。枝は枯れているようでした。


ハイマツから新しい松ぼっくりが成長中。


北海道でしか見られないメアカンキンバイも咲きはじめていた。


樹林帯とハイマツ帯を抜けると阿寒富士の全貌が目の前に。


七合目に雌阿寒岳方面と阿寒富士への分岐があります。


阿寒富士の登山道はほとんどがザレ場。本家の富士山と似ています。


急斜面をジグザグ登りやっと頂上が見えた。


すれ違った下山者。上から見ると高度感あります。


山頂到着と同時に雲が消えて、日差しが出てきた。


雌阿寒岳の火口もバッチリ見える。


登山道から見える阿寒富士はキレイな円錐形だけど、ウラ側はとんでもなくエグれてます。


頂上で小一時間タイムラプス撮影。風が強いので岩陰でのんびり過ごす。


雲がどんどん流れていく。見ていて飽きない。


ポンマチネシリ火口からの噴煙。


遠くに雄阿寒岳の姿も。


絶景を眺めながら下山開始。


遠くから怪しげな積乱雲がこちらに向かっている。


SCW予報で午後から雲がかかることは把握していたけど、どんどん近づいてくる。よく見るとてっぺんに笠雲が発生している。積乱雲が急激に成長している証拠なので注意が必要です。


これから山頂を目指す方は大丈夫かな。


スマホにブルブルっと防災速報が入ってきた「豪雨予報 猛烈な雨 80mm以上」やっぱりか。さっさと下山しよう。


不思議な阿寒富士の山肌。


女王コマクサのつぼみ。


登山口のあるオンネトーが見えてきた。


枯れハイマツ。


雪の重みで細い樹木は傾いている。


樹林帯にはまだ日差しが差し込んでいて豪雨にはあたらずに済みそうです。


この樹林帯の登山道にはひっそりとヒカリゴケがあります。


この苔むした岩の隙間、あの暗闇の奥にヒカリゴケが肉眼でも確認できる。自力で発光しているのではなく、暗闇に差し込んでくる僅かな光を反射しているそうです。


地面に這いつくばりながら捉えた姿は幻想的です。ヒカリゴケは僅かな環境変化でも枯れてしまう脆い存在で、個体数が減少し絶滅が危ぶまれている植物です。雌阿寒岳山麓のヒカリゴケを大切に見守っていきましょう。
帰り道の運転中に前も見えない豪雨に当りました。不安定な天気が続いていますが、気象情報をしっかりチェックして安全な登山を心がけたい。







-
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

雪山へ向けて仁頃山で足慣らし

雪山シーズンへ向けて北見市仁頃山へ足慣らしに。しかし積雪量が少なく本格的な雪山の感覚をトレーニングするのはまだ先のようです。管理車道コースは標高差約650m、往復6.8km、ゆっくり登って下りて1時間 …

厳寒の雌阿寒岳を登る

北海道は冷え込みが厳しい季節。登山口ではマイナス24℃。標高を上げるとさらに気温は下がる。風が強ければ体感温度はどれほど下がるか想像つかない。 雌阿寒岳の登山口は、野中温泉側と国設野営場側の2箇所があ …

今年も雌阿寒岳で登山シーズンスタート

今年のGWは9連休。5月の北海道は気温も低く高い山はまだ雪が多く残り、夏山のようなテン泊も縦走もできない。 連休前半は強風、後半は雨で天気には恵まれなかった9連休の登山は、毎年恒例の雌阿寒岳の1回のみ …

羅臼岳から北方領土を望む

6月10日、残雪期の羅臼岳に登ってきました。知床国立公園・世界自然遺産の知床半島にある羅臼岳は、知床連山の最高峰で標高1,661m。頂上からは知床半島とその両側に広がるオホーツク海と太平洋を見降ろせま …

北海道から八ヶ岳へ遠征登山Vol.3 最終話

駆け足で下山しても最終バスに間に合いそうにないし、何よりまだ山に居たいので今日は硫黄岳山荘に宿泊します。 前回の記事はこちら↓  山と星とカメラ北海道から八ヶ岳へ遠征登山Vol.2 星と赤岳 …

ラージ

山と星とカメラ

山と星とカメラ
山に登ったり。星を撮ったり。

アーカイブ

サイト内検索