カメラ

藻琴山ナイトハイクで星景写真

投稿日:2015年10月19日 更新日:


10月にしては気温も高く無風。ナイトハイクで星景写真を撮りに行ってみたかったので決行。虫もいないので快適に撮影ができた。
もう一つの目的はニコンの20mmレンズは星景写真ではどんな写りをするかを見てみたかったので、AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED と AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED で撮り比べてみた。



上 AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED フィルター無し
下 AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED ソフトフィルター有り


右下の三角のシルエットが藻琴山の頂上。女満別空港からの飛行機が飛んでいった。
f1.8なので明るさは十分、何より軽いのがありがたい。星景写真は14-24mmで撮ることが多いけど山行には重くて不向き。


AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDフィルター装着。


AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED ソフトフィルター装着。10月の夜空は夏の大三角形と冬の星座オリオンが同時に見ることができる。


AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDで撮影。やっぱり別格の写り。PCの大きな画面でその違いがわかるけど、ブログサイズだと大差は感じない。
斜里岳と知床連山も遠くに見える。


夜景は美幌町と女満別方面。AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED


AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED


木々の間からオリオンが見える。AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED。

ここから下にある写真はRICOH GRⅡのインターバル撮影で遊んでみた。設定が明るすぎて星がうるさい。APS-Cサイズなので想像してたよりノイズも少なくブログ程度なら問題なく見られるかな。

20mmは星景写真にも問題なく使えると感じた。メリットは大きく軽量でソフトフィルターが装着できる点。14-24mmはやっぱり写りが別格。じっくり撮影するときは14-24mm、軽量化したいときは20mmと今後も併用して使っていくことになりそう。







-カメラ, ,
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

厳寒の雌阿寒岳を登る

北海道は冷え込みが厳しい季節。登山口ではマイナス24℃。標高を上げるとさらに気温は下がる。風が強ければ体感温度はどれほど下がるか想像つかない。 雌阿寒岳の登山口は、野中温泉側と国設野営場側の2箇所があ …

雌阿寒岳ナイトハイク

6月30日プレミアムな月末金曜日は仕事を終えてから雌阿寒岳ナイトハイクへ行ってきました。 共通の趣味を楽しんでいる休日の合わない友人を、ナイトハイクなら大丈夫と言われていたので誘い出し、恐怖のソロ登山 …

大雪山黒岳のんびりテン泊

天気はあまり良くないけど、来月に控えた北アルプス縦走に向けて重装備トレーニングを兼ねて、黒岳テン泊してきました。 ロープウエイとリフトを乗り継ぎ一気に七合目まで。 ロープウエイ駅の駐車スペースは広いで …

GW恒例の雌阿寒岳

ゴールデンウィーク登山の第二弾は、毎年恒例の雌阿寒岳をサクッと登ってきた。 5月4日北海道では珍しく下界は28℃の真夏日。おかげさまで山の上は寒くもなく暑くもなく快適でした。 雌阿寒岳は年に数回は登る …

RICOH GRⅡ 手持ちで暗所撮影

RICOH GRⅡより暗所撮影を得意とするカメラはたくさんあると思います。F値2.8は他社の最新機種と比較すると特に明るいレンズではないがISO感度は100〜25600まで設定可能。手持ち暗所撮影でど …

ラージ

山と星とカメラ

山と星とカメラ
山に登ったり。星を撮ったり。

アーカイブ

サイト内検索